> JAC最新情報
【JACインドネシア
新年のご挨拶】

皆様の日頃のご愛顧に感謝申し上げます。

2016年もJACインドネシアを宜しくお願い致します。

JACスタッフ一同

弊社紹介ビデオ
> 検索
カテゴリ:セミナー( 5 )
労使関係ディスカッション “労使関係紛争の原因、回避、解決”
c0216916_11101335.jpg

労使関係ディスカッション

労使関係紛争の原因、回避、解決


はじめに
経営者と労働者はともに会社運営に重要な役割を有しています。しかし、労使関係(経営者と労働者の法的な関係)は、常に円滑というわけではありません。紛争が生じることを望む者はいませんが、経営者および人事責任者は、紛争が生じた場合にどうすべきか理解する必要があります。

  • 労使関係紛争にはどのような種類があり、その原因は何か?
  • 最も頻繁に生じる紛争は何か?
  • 紛争を避けるために取り得る手段は何か?
  • 法律に従った紛争解決方法はどのようなものか?

上記の質問に答えるため、我々JACビジネス・センターは、労使関係紛争に関する問題を話し合う労使関係ディスカッションを開催します。本ディスカッションの対象者は、会社人事部/人的資源開発部/総務部/法務部のマネジャー/スタッフです。


内容
本労使関係ディスカッションで話し合う内容の概略は、以下の通りです:
労使関係紛争の種類とその原因 (権利紛争、利害紛争、解雇紛争、ストライキを含む労働組合間の紛争)
最も頻繁に生じる紛争 (法的根拠、解雇の全容、停職)
労使関係紛争の回避戦略
法律20042号に従った労使関係紛争の解決

ファシリテーター/講演者
労使関係紛争解決局、労働省高官
KSPSI (全インドネシア労働組合総連合)中央指導会議

日付 : 20171123日(木)
時間  : 08:00 – 15:00
場所  : Hotel Sari Pan Pacific
Jl. MH. Thamrin No.6, Menteng, Jakarta Pusat
使用言語 : インドネシア語


参加費はRp1,870,000(消費税10%含)、参加費は時前に下記の銀行口座にお振込みにて御支払いをお願いいたします。

Bank Name: BCA, Account Number 680 505 1501, Bank Code 0140397,
Swift Code cenaidja, Account Holder PT JAC CONSULTING INDONESIA

先着30名とさせていただきます。
ぜひ、御社のご担当者様にご参加いただければと存じます。

講習会に関するご質問、お問い合わせは下記まで。


お問い合わせ先(日本語可)
担当 :ディタ (Ms. Dhita Widya)
メール hrconsulting.id@jac-recruitment.com
電話番号 021 314 8009


[PR]
by jac-bc | 2017-11-10 12:01 | セミナー
JACリクルートメントセミナー
c0216916_19424874.jpg


日系企業の海外進出も加速、海外法人の人材の現地化が各社課題になっている。JACリクルートメントでは、JACジャパンを中心にこの5年アジアに進出される日系企業に「人材マネジメント」に関するアンケート調査を行ってきました。2016年は8カ国750社に回答をいただいておりその調査分析結果より見えた人事戦略のトレンドをシェアします。また、今回は人事コンサルティングの株式会社エイムソウルの稲垣氏より、インドネシアでの研修メリット、居行くフレームワークのご紹介もいただきます。

c0216916_1953587.jpg
c0216916_19541250.jpg
講演内容
はじめに~アセアン日系子会社、経営現地化の現在地
1) 幹部候補人材の採用市場と採用活動の留意点
2) 幹部人材育成のトレンドと先進事例
3) ホワイトカラーの給与と人事制度運用のポイント

日本人への指導とインドネシア人への指導の違いとは?
すぐに活用できるオリジナル教育フレームワークのご紹介

日時・場所:
5月15日(月)15:00~17:00
場所:California Room, Maxxbox Orange County 2nd Floor
Jl. OC Boulevard Utara Orange County, Bekasi
TEL: (021) 2961-7777

5月16日(火)09:00~11:00
場所:Sentral Senayan II 16th Floor
Jl. Asia Afrika no. 8, Gelora Bung Karno Senayan, Jakarta Pusat
TEL: (021) 2965 5861

お申し込み・お問い合わせはJACインドネシア小林千絵まで
e-mail: chie.kobayashi@jac-recruitment.com
HP: 0817-094-5361

お申し込みには参加ご希望、会社名、参加者名、役職、Eメールアドレス、携帯番号をお知らせください。
[PR]
by jac-bc | 2017-05-04 19:55 | セミナー
インドネシアのビジネスリスクについてのセミナー(2017年3月9日)
3月9日、カルティニ ムルヤディ法律事務所の柳田氏による恒例のセミナーがサリ パン パシフィック ジャカルタで開催され、日系42社の代表の方々が参加された。今回のセミナーでは昨今懸案事項であるアホックジャカルタ特別州知事に対するデモの背景などの最新時事情報および法改正状況についてご説明いただいた。

c0216916_19435111.jpg


2016年度、日本からインドネシアへの投資額は今世紀最高額であった2013年度の47億米ドルを超え54億米ドルとなり、インドネシアのGDPの10%(2015年)、輸出額の18%を占めた。分野別投資状況では自動車関連が63.7%(2013年)から34.7%(2016年)と減少する一方、金属・機械関連が12.3%から15.5%、化学・製薬(塩ビ関連)が3.7%から13.6%と増加した。今後は、発電および消費・不動産分野へ投資額の増大が見込まれる。

現在、ジョコ政権の掲げる政策実施には多額の財源が不足しており、現政権は財源不足を補うため税収強化を図っている。しかし、インドネシアでは納税登録者数2700万人のうち納税者がわずか90万人(インドネシア総人口約2.5億人)と税制基盤がぜい弱なため、財源獲得のため外資企業への徴税(特に日系企業への徴税)に力が入れられている。

インドネシア政府は投資手続きの迅速化を推進する一方、外国人に対する就労許可基準を強化しており、インドネシアへの外資参入の際の懸案事項となってる。特に、インドネシア政府はインドネシア国内中小零細企業を保護する観点から、100億ルピア(約8千万円)の資本金または年商500億ルピア(約4億円強)を有しない外資企業のインドネシアへの進出は許可しない方針を取っている。そのため、外資中小企業にとりインドネシアへの進出の障壁は高くなっており、2016年度日本企業による中期的な有望な事業展開国として、インドネシアは2015年の2位から3位(1 位:インド、2位:中国)へと下落した。

2009年よりG20にASEAN諸国から唯一参加しているインドネシアは、2030年にはGDPが世界5位(日本4位)になると予想され、近年大国意識が急激に高まってきている。このような現状で中国がインドネシアに急速に接近しており、これまで親日と呼ばれたきたインドネシア政府による日本に対する感情は従来のものと変化してきている。

以上のようなリスクを回避することからも、インドネシアでの事業成功のためは信頼できる税務・会計コンサル、人材斡旋コンサルおよび法律事務所と関係構築を築くことが重要であると柳田氏はアドバイスをされた。
[PR]
by jac-bc | 2017-03-14 19:46 | セミナー
2月8日のJAC ビジネスセンターセミナー
c0216916_12202834.jpg


JAC ビジネスセンターは2月8日、Akmaniホテルで「年次確定申告の最新情報および計算方法」と題した講習会を日系企業現地会計担当者向けに開催しました。

午前8時半から午前12時までの第一セッションでは、インドネシア大学経済学部教授Mr. Hanhan Haeruman氏を講師として迎え、最新の確定申告の手順についてご教授いただきました。

午後1時半から午後4時半までの第2セッションでは、インドネシア税務署よりMr. Prima Wihantoro、Mr.Irfan Fathoni およびMr.Septavian Yudhaを迎え、尼国の税制度の説明のみならず税務申告書類への記入方法を直接ご指導いただきました。

40名の参加者の方々からは、複雑な税制を理解することや税務申告書類への記入方法が難しかったが、この講習会に参加したことにより税金制度の知識をより深めることができた、等のご意見を頂戴いたしました。

c0216916_1220569.jpg


今後もJAC ビジネスセンターでは、頻繁に変更される尼国の法律および税制度の最新情報をお伝えすべく、今後も日系企業現地担当者向けのセミナーをインドネシア政府関係者を講師として迎え開催していく予定です。
[PR]
by jac-bc | 2017-02-10 12:22 | セミナー
「ビザ関連の査察のポイントとその対策」のセミナー
2017年1月11日、JACビジネスセンターでは、チカラン工業団地内にあるMM2100にて「ビザ関連の査察のポイントとその対策」と題し、
1.ビザの種類について
2.一時滞在・就労許可の新規/更新に関する基礎知識
3.移民局による査察のポイント
4.移民局に査察された場合の対応策
5.ビザ関連に関する最新情報
について、セミナーを開きました。セミナーには47企業の代表者の方々が参加され、会場は満員となりました。
c0216916_15192395.jpg

現在、インドネシアでは移民局により外国人の就労目的で滞在している外国人に対する査察が頻繁に行われています。昨年、2015年の外国人労働者の国外追放者数は16,000人となり、就労滞在に関する最新の情報を入手し、査察に備えることが重要であることをご説明させていただきました。
c0216916_15195520.jpg

約1時間の解説後、参加者の方々より多くの御質問・ご意見をがありました。特に、
1)KITASがオンライン式になったことで、携帯式の身分を証明するものがなくなった
2)ビザを取得するため会社の銀行口座の残高証明を移民局に提出することは、個人情報の流出につながる可能性もある
等のご意見を承り、ビジネスセンター所長ハリーより、参加者の皆様の御質問に答えさせていただきました。
c0216916_15201565.jpg

JACビジネスセンターは、年間約500件の一時滞在・就労許可の新規/更新に携わる業務に携わり、今後さらに難しくなると予想されているビザの取得の代行業務の円滑な遂行に今後とも努力していきます。

また、JACビジネスセンターではインドネシアの最新時事情報を収集し、日系企業様の当国でのご成功にお役に立てるよう、今後ともセミナー等の開催を開かせていただきたいと思っております。

日系企業の皆様、インドネシアでのビジネスでのご質問等がございましたら、お気軽にJACビジネスセンターにお問い合わせください。
[PR]
by jac-bc | 2017-01-19 15:21 | セミナー
   

【インドネシア進出企業様向け】 人材採用、会社設立、ビザ代行、通訳・翻訳、人事コンサルティングなど。インドネシアでのビジネスをスムーズに。
by jac-bc
> 画像一覧